疑問を感じたら、労働基準監督署に相談しよう!

更新日:

私は過去に何度か労働基準監督署にお世話になった事があります。
一度は、管理者として勤務していた時。
二度目は、同じく管理者として勤務し、酷い労働環境に疲弊して会社を辞めた時。
大きくはその2回だけれど、他にも何度か相談に出向いた経験があります。
今日は、私が管理者として労働基準監督署にお世話になった話を書いてみます。


そもそも、労働基準監督署って何をする場所なの?

労働基準監督署は、労働者の不当解雇や賃金の不払いなど労働問題の相談に応じ、労働基準法に基づいて事業所に監督指導をしたり、就業規則などの各種届け出の受理をしたりする場所です。

私が見た印象では、現場はいつも総合労働相談と申告の対応に追われている感じがします。
時には、順番待ちをしている相談者の方がいるくらい…
初めて出向く時は不安ですが、相談内容や質問を自分の中で整理できていれば、決して敷居の高い場所ではないと思います。
一度相談に行ってみて、資料(勤務記録など)を揃えなければならない場合もあると思いますが、その訴えが本当ならば、資料なんて揃える事は簡単です。
何を揃えなければならないかも、担当者の方に聞けば教えてもらえます。

我慢をしながら働きつづけてストレスを溜めこむくらいなら、思い切って労働基準監督署に相談してみては?
と私はそう思います。

労働基準監督署に管理者として相談に行ってみた

あるお店で管理者として勤務していた時、会社から全店舗の人件費削減の命令が下りました。
全国の管理者連中は、一斉にたくさんのスタッフ(アルバイト・パートさん)を辞めさせたりして、会社の命令に従おうと必死でした。
そんな事をすると、スタッフのモチベーションも下がるし、店舗業務に支障をきたすだけだ…と思っていた私は、経常利益のアップ(会社の目標数値は維持できていたので)だけを目標とし、維持費や光熱費をできる限り削減することに着手。
ただ、会社からは言われました。

おまえはなぜ人件費を削減しないのか

まぁ、会社員だから言われても仕方ないよね😑
理由を説明しても、会社に逆らっている風な空気は否めなかったので、仕方なく時間数を少し調整してもらえないか…とスタッフたちにお願いしました。
ただし、人員数は確保しておきたかったので、1ヶ月間のみの約束で。
ほとんどのスタッフが承諾してくれましたが、約1/3のスタッフが

おばchan
生活がかかってるんだよ!
ふみこchan
労働基準監督署に訴えてやる!

と言って騒ぎ出しました。
何度もミーティングをしたものの、納得してもらえず…
労働基準監督署に行かれたらどうしよう…などと思い、その日から私は食べ物が喉をとおらなくなり、眠れなくなりました。
1週間ほどそんな日を過ごした朝、思いました。

ありんこ
そうだ!私が労働基準監督署に相談に行ってみよう💡

出向いた労働基準監督署の担当の方は優しく話を聞いてくださいました。
担当の方の前に座って、開口一番に私が行った言葉は…

ありんこ
労働基準監督署は雇う側・働く側、どちらの味方ですか?

担当の方は、少し驚いていらっしゃいましたが、その時の答えは

ろうむkun
雇う側です

いくら切羽詰っていたとはいえ、とても無謀で失礼だったと今は反省しています。
でも、その言葉を聞いてとても安心し、相談を続けられた事を覚えています。
悩んでいた気持ちが救われました。

担当の方から法的な面からのさまざまなアドバイスをいただき、後日、それを参考に再度スタッフたちと何度か話し合いを持つことで、納得してもらうことができ問題は解決しました。

よしこchan
ちょっと待ってよ!
労働基準監督署って雇う側の味方なの?

そう思われた方も多いと思います。
それについて、私が感じたことを次に書いていこうと思います。

労働基準監督署は誰の味方なの?

労働基準監督署は、労働者の味方である。

そういう意見をよく見かけますが、労働基準監督署は行政機関です
どちらかの味方であるとしたら、問題です。
そもそも、労働基準監督署は、雇う側・雇われている側、両方の味方であると私は思っています。
労働基準法遵守に基づいた事実解明をし、守っていない側を正す。
そこにあるのは、ただそれだけです。
もし、働く上で疑問があって悩んでいるなら、相談に行ってみるといいと思います。
友達ではないので、変な感情論抜きに話を聞いてもらえます🙂
悩んでいる時には、冷静な意見を聞くことも必要です。
自分が知らない事を知る上でも、労働基準監督署への相談はオススメです。
もし、今働いている会社が違反をしていたら、その相談が指導に繋がるかもしれないしね🙌
多分、話してみれば、企業側に否がある確率の方が多く、気が楽にもなります。
だって、渡る世間はブラック企業ばかりなんですもの…⚡

まとめ

・労働基準監督署は、不当解雇や賃金の不払いなど労働問題の相談に応じる場所である。
・労働基準監督署は、思っているより敷居が高い場所ではない。

もし、今、労働問題で悩んでいるのなら、労働基準監督署に話をきいてもらってみてはいかがでしょう?

ふみこchan
残業ばっかりで休みも無く、そんな時間なんか無いよ!

とか言っている人…

ありんこ
そんな時間すらもとれない様な労働環境なら、辞めちゃえば?

時間はあるのに、相談にも行かず悩んでいるばかりなら…

ずっとその職場で働くしかないですよね!

相談は無料だし、時間と少しの勇気だけがあれば誰でもできます!
仕事が原因でうつ病になりそうだと感じたら、本当に病気になってしまう前に労働基準監督署に相談してみてください。
相談に行く事で、きっと少し楽な気分になれると思いますよ😊

自分が動かなければ、状況は変わりません。

働いているのは他の誰でもなく自分なのですから…

Copyright© 労働ニュースとブラック企業体験談 , 2019 All Rights Reserved.