うつ病や発達障害などの方を応援する専門就労支援サイト一覧

投稿日:

現代の就労支援について

就労支援とは、国が進める雇用政策のひとつで、疾患や障害、貧困や老化などの理由により仕事上のキャリアを発展させることが困難な状況に置かれた人を対象として就職するための過程を支援するシステムです

平成25年4月1日から「障がい者自立支援法」を「障がい者総合支援法」とするとともに、障がい者の定義に難病等が追加されました

平成26年4月1日からは、重度訪問介護の対象者の拡大、ケアホームのグループホームへの一元化なども実施されています。

誰でもがかかりうる“こころの病”

今の世の中を生きていくには、原因不明のうつ病など“こころの風邪”を引いてしまったりすることもめずらしいことではありません。

16人に1人が、生涯にうつ病を経験しているとも推定されている昨今。

“こころの病”は、誰にとっても身近な病気であるといえます

状況によっては気持ちが沈みがちになったりもしますが、まず少しずつひとつずつ前に進んでいきましょう

焦らず、自分らしく過ごすのが一番です。

かといって、話を聞いてくれる友人や家族はいても、なかなかお仕事を探してくれる人はいないのが実情。

ろうむkun
働きたい気持ちはあるけれど、どうしたらいいのかわからないよ…

そんな時には就労支援サービスを利用してみてはいかがでしょう。

就労支援サービスに問い合わせてみると、ひとりで悩んでいるだけでは解決できなかった問題に打開策が見つかるかもしれません。

悩んでいるなら一度問い合わせてみて、今の不安をひとつずつ解消し、気持ちを軽くしてみましょう。

うつ病や発達障害などの方を応援する症状専門就労支援サイト一覧(※随時追加)

シゴトライ

シゴトライは、うつ症状のある方専門の就労移行支援サービスです。

15年以上に渡り、障がい者の就職・転職をサポートを実施してきた実績があり、東京都・大阪府で就職実績No.1、定着率90%(2017年4月時点)のサイトです。

うつ症状専門のカリキュラムが用意されています。

同じ症状と同じ目標を持つ仲間と悩みや解決策の情報共有ができるため安心です。

ココがポイント♪

シゴトライの特長
障がい者の就職支援実績No.1ならではの企業ネットワークがあるので、精神障がいに理解のある企業とのご縁を様々な方法で創出します。
不安や気持ちの落ち込みがある方に向けたストレスマネジメントやコミュニケーション等の研修が充実しています。
就職するための実践的なスキルを習得できます。オフィスを想定した環境で、入社後を見据えた就職準備ができます。

>> 公式サイトへ <<


リンクビー

リンクビーは、発達障害の方の専門就労移行支援サービスです。

リンクビーでは、就業経験あり・なし関係なく、ご自身の強みや特性を活かした働き方ができるようにサポートします。

リンクビーは自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、ADHD(注意欠陥多動性障がい)、LD(学習障がい)など発達障がいの方向けに専門特化した就職支援サービスです。

専門特化しているからこそ、発達障がいの方の特性や課題を深く理解し効果的な支援を行うことができます。

ココがポイント♪

リンクビーの特長
実際の仕事と近い設定でシミュレーションを行います。事務職の仕事を中心に、様々な体験をすることで適性のある仕事を発見することができます
障がい者の就職支援実績No.1ならではの企業ネットワークがあり、発達障がいに理解のある企業とのご縁を様々な方法で創出します。
自分らしく安心して働けるよう、各支援機構と連携して、入社後もサポートします

>> 公式サイトへ <<


リドアーズ

リドアーズは、統合失調症の方専門の就労支援サービス(雇用・就職支援・研修)です。

2017年度は、定員20名のうち、15名が就職し定着率も93%!

「はたらくこと」に対する不安や悩みをリドアーズがサポートします。

リドアーズ(ReDoors)は、統合失調症の方が勇気と希望を取り戻し、豊かな人生の扉(Door)を再び(Re)開いて歩き出すための場所でありたいという想いをこめて名づけられました。

ココがポイント♪

リドアーズの特長
一人ひとりの症状や認知特性にあった個別支援を大事にします。
2,000社にも及ぶ企業ネットワークを活かし、あなたに合った就職サポートを行います。
症状管理スキルやストレス対処法などを学び、症状をコントロールしながら長期的に能力を発揮できる力を身につけることができます

>> 公式サイトへ <<


まとめ

うつ病や発達障害などの方を応援する症状専門の就労支援サイトは、まだまだ多くはないので、また見つけ次第随時追加していきます。

再度見に来てくださると新しいサイトが追加されているかもしれません。

気になる方は、よければ上記サイトからお問い合わせしてみてくださいね。

私のまわりにも、悩み苦しんでいる友人が数名います。

この先、もっと症状専門の就労支援サイトが各地に増えることを心から願います。

Copyright© 労働ニュースとブラック企業体験談 , 2019 All Rights Reserved.